仕事探しで30代女性・40代女性がパートを賢く選ぶコツとは?

image4you / Pixabay

平日の昼間、数時間だけでお金が稼げたらいいのにな・・・

30代~40代の主婦のみなさん、そんな風に思ったことはありませんか?

私は以前からそう思っていました。

子供の送迎の関係で、私が働けるのは平日の9時~14時のみ

しかも他の仕事との兼ね合いで、外で働くのは週3回ほどに抑えたいという事情がありました。

 

子供もまだ小さいので、熱を出せば一緒に家にいなければなりません。

 

普通に考えると、仕事を探すには難しい条件といえますよね。

 

<スポンサーリンク>

 

しかし、これからご紹介するような方法をとって仕事探しをしたところ、

希望通りの職場で働けることになりました。

今回は私の仕事探しでの実体験を交えながら、30代~40代の主婦の仕事探しについて書いてみたいと思います。

 

平日×昼間×短時間の仕事探しは難しい?

職種にもよりますが、雇う側からすれば

休まない

継続して長い時間・長い期間働いてくれる(知識・経験のつみあげができる)

人の方が一緒に働きやすいのは当たり前ですよね。

 

そう考えると、

昼間×数時間(しかも週2~3回のみ)

子供が熱だしたら休みたい

という私のような主婦の採用は、なかなか積極的にはできにくいものだと思います。

 

そのため、こういった希望にあう求人はそもそもの数が少ないことが多いです。

 

世の働く主婦のみなさんは保育園や学童保育などを駆使して働ける状況を作り出していらっしゃいます。

 

しかし、保育園代を払うほど稼ぐ予定はないけれど、自分のできる範囲でもう少し収入を増やしたい、という私のような主婦もいます。

 

そういう主婦にとって、まずは自分の希望にあう求人を探すことが第一のカベになりますね。

 

土日出社は必須?

実は、昼間×数時間×週数回だけ、という条件だけであれば、求人の数は少なくありません。

ただ、平日のみとなると、ぐっと求人の数が減ってしまうんです。

 

土日に働きに出れない主婦としては、そこがどうしてもネックになってしまいます。

 

その点をどうクリアしていくかが、求人探しのポイントになってきます。

 

自分にあう求人の見つけ方

geralt / Pixabay

自分の希望にあう求人は、どこで見つけることができるのでしょうか。

私はまず、派遣サイトに登録したり、アルバイト情報を積極的にさがすことから始めました。

 

派遣サイトに登録

派遣サイトでは、平日昼間のお仕事を中心に紹介してもらえます(個人の都合に合わせてお仕事を紹介してもらえます)。

 

私の登録した派遣サイトでは、週5回、しかも9時から15時の勤務の求人がほとんどでしたが、

15時までと書いていても、交渉次第では14時や12時までといったようにアレンジしてくれる職場もあるかもしれません。

 

登録時のスキルテストを受けるだけでも自分の実力やマナーのチェックになります。

長い間専業主婦をしていた方などには、社会復帰の第一歩としても有用だとおもいます。

そういった意味でも、まず派遣サイトに登録するのはおすすめです。

 

<スポンサーリンク>

 

情報誌・チラシ・情報サイトから探す

求人情報は、たくさんの人が行き交うお店などにおかれていることも多いです。

飲食店やコンビニには、仕事情報誌が常に置いてあることもあります。実際、私が今働いている職場は情報誌で見つけました。

 

他にも、新聞のチラシに求人が織り込まれていたり、インターネットで閲覧のできる求人情報サイトもあります。

 

人気のある仕事や掲載期間の短い仕事はすぐになくなってしまうので、こまめにチェックするようにしましょう。

 

働きたいエリアを訪ねて探す

Hwellrich / Pixabay

私がおすすめしたい方法のひとつに、

働きたいなとおもうエリアやお店へ実際に足を運んで求人を確認する

というやり方があります。

 

実際のお店の雰囲気もわかりますし、働くイメージングをすることもできます。

もし勇気があれば、その場で求人について聞いてみましょう

 

私も「ここで働いてみたいな」と思うお店に突撃して、たまたま店長さんがいらしたのでアルバイトの募集について話をきいたこともあります。

そのお店では、求人ポスターに「平日のみでOK!」と書いてあったのですが、お話を伺うと「月の半分くらいは土日もでてもらいたい」とのことでしたので応募をあきらめました。

こんな風に新しい情報が得られることもあります。

 

お友達からの紹介にアンテナをはろう!

チャンスがあればぜひ活かしていただきたいのが、知り合いやお友達からの求人紹介です。

 

間に入った人が判断をしたうえでの情報をもらえるので、情報誌などの求人よりも自分に合っていることが多いです。

また、単価が高いことも多いですよね。

 

こういった求人はたいてい世間に情報としてでてこないので、

普段から友人や知り合いに「お仕事探してます」とアピールするしておくようにしましょう。

 

正直に希望を伝える

もし運よく求人を見つけたら、早速申し込みましょう。躊躇しているうちに埋まってしまうこともあるので、早めに行動するのがおすすめです。

 

面接では、条件や希望を正直に話しましょう

 

雇い主の側からしても、勤務を始めてから想定外の出来事がおこると困ってしまいますよね。

職場や同僚に迷惑をかけず気持ちよく働くためにも、譲れない条件は最初から提示しておけばトラブルが防げます。

 

もしそれで面接に通らなかったとしても、働いたあとに困るよりはマシです。また次の求人を探しましょう。

 

おわりに

いかがでしたか?

自分に合う求人が見つかるまでは、やっぱりこんな条件では働けないのかな・・・と自信をなくしてしまうこともあるかもしれません

でも、あきらめずに探していけばきっとあなたらしさを発揮してはたらける職場がみつかりますよ!

いろいろな方法を試してみてくださいね。

 

<スポンサーリンク>