宇野昌磨の天然っぷり☆身長や魅力、子犬感が似てる俳優もチェック!

 

ivabalk / Pixabay

2018年の平昌五輪にて、男子フィギュアスケート銀メダルを獲得した宇野 昌磨(うの しょうま)選手。

その高いスケーティング技術はもちろんのこと、インタビューなどで垣間見せる「天然っぷり」に世の中の女性達がメロメロになっている模様!

かくいう私もそのひとり。

今日は宇野 昌磨選手の天然っぷりや魅力、そして似ている俳優までチェックしてみたいと思います!

 

<スポンサーリンク>

 

宇野選手のプロフィールをおさらい

男子フィギュアスケートといえば、羽生結弦選手が押しも押されもせぬ代表選手として有名です。

それに比べると、宇野選手はこれまで存在を知らなかったという人や2018年の平昌五輪で初めて彼を認識したという方も多いのではないでしょうか。

念のため、簡単に彼のプロフィールをおさらいしておきましょう。

 

Tokyo 2020さん(@tokyo2020)がシェアした投稿

  • 名前:宇野 昌磨(うの しょうま)
  • 誕生日:1997年12月17日
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 身長:159cm
  • 所属:トヨタ自動車所属および中京大学在学中
  • 5歳の時、遊びに行ったスポーツセンターで浅田真央に声をかけられてスケートを始める
  • 2016年にISU公認大会史上初めて4回転フリップを成功させた。
  • クリムキンイーグル(リンボーダンスのように腹部を上に向けて大きく体をそらせたままスケーティングする技)を得意としている
  • スマホゲームが大好き

※以上、2018/3現在の情報です。

 

競技生活では、2016年2017年の全日本選手権2連覇、2017年グランプリファイナル2位、2018年平昌オリンピック銀メダルなど華々しい戦績を残しています。

 

天然でひょうひょうとしたインタビューが話題

宇野選手はそのスケーティング技術や表現力はもちろんのこと、リンクを降りた後の素顔が「天然でかわいい」と評判です。

 

銀メダルをとった演技後のインタビューで、そのあとに行われる表彰式についてどんな気持ちかを聞かれ、

「このあと表彰式があるんですか?」

と聞き返して視聴者をほのぼのとした気持ちに包んだり、

 

スタジオでの受賞インタビュー中に睡魔に襲われ、

「起きてる?」

と羽生選手に気遣われたり、

 

日本に帰ったら誰にメダルをかけてあげたいか?と聞かれ

「別にかけたい人ならだれでも・・・」

などと期待の斜め上をいくあっさりコメントで返したり、

 

緊張感を微塵も感じさせないひょうひょうとした言動が強心臓を感じさせますよね!

 

またその飾らないキャラのせいかちょっとしたおとぼけ失敗も多く、日本選手団のピンバッジをさかさまにつけてみたり、メダリストとしての表彰台で他選手の腰に手を回すはずのところ腕を組んでしまったりしています。

 

しかしそんな失敗やおとぼけが叱責されるどころか愛されるチャームポイントになってしまうのが宇野選手のすごいところ。

コーチ陣や関係者を始め、視聴者も宇野選手の「子犬のような」かわいさにくぎづけになってしまうんですよね。

 

<スポンサーリンク>

 

宇野選手に似ている俳優や有名人

たくさんの人に愛されている宇野昌磨選手ですが、愛らしく整った顔立ちも注目を集めています。

2018年4月から放送の「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演予定の濱田龍臣とは「顔がそっくり」だと話題です。

もともと宇野選手が整った甘い顔立ちなので、俳優や有名人にも似ている人がいても不思議はありません。

 

また、秋篠宮眞子さまの婚約者である小室圭さんと似ているとの指摘もあります。

 

たしかに似ていますね。

 

でも、天然っぷりの醸し出す子犬感や無防備さは宇野選手がダントツかもしれませんね!

 

おわりに

最近ではそのかわいらしさに「国民の弟」なんていう呼び名も聞こえてくる宇野昌磨選手。とはいえ、競技中に見せる真剣なまなざしや練習への熱意はかわいらしさとは一線を画しています。

そんなギャップも魅力ですよね。

 

ぜひこれからも素晴らしいスケートと楽しいインタビューを見せてもらえるよう、応援していきたいと思います!

 

<スポンサーリンク>