旦那にイライラ!子育てストレスで離婚する前に知っておきたい対処法

White77 / Pixabay

家事や育児って、すごく疲れますよね。

それでも毎日がんばっているところに、夫から心ない言葉をかけられたら・・・イライラが爆発!

 

 

夫は重要な子育てパートナーなのに、理解しあえないことでトラブルの元になることも多いようです。

育児ストレスのない楽しい子育てライフには、夫へのイライラ対策を用意しておくことがとても大切なんですよ。

 

<スポンサーリンク>

 

今回は私の実体験も交えつつ、旦那にイライラしすぎて離婚する前にできる対処法についてご紹介したいと思います。

 

どうして夫にイライラしてしまうの?

夫にイライラしてしまう原因はもちろん、人それぞれにいろいろあります。

もともとの性格の不一致や、育ってきた環境の違いが、育児を通して見えてくるということもありますよね。

 

でも第一に知っておいていただきたいことは、育児中は誰でも夫にイライラしやすい要因があるという点です。

 

ホルモンの変化

要因のひとつには、産後のホルモン変化があります。

出産により大きくホルモンが変化すると、自分でも驚くくらい夫に嫌悪感を抱いてしまったり、小さなことでもイライラしやすくなってしまいます。

 

出産によってお互いの視点がズレる

他の要因として、子どもが生まれることによってお互いの視点が変わるという点があげられます。

 

出産すると妻の方は子供のお世話をするモードに入ります。

同時に、妻にとって夫は一緒に子供を育てるために協力すべきパートナーという位置づけになってきます。

つまり、妻は夫とともに子供の方を向いている視点に変化するわけです。

 

しかし、夫の方は相変わらず妻だけを見ていて、子供のお世話をしなくてはならないという認識がない場合があります。

 

そうなると、一緒にこどもの方を向いてほしい妻 VS 出産前と同じような視点の夫 というすれちがいの構図ができあがってしまうわけです。

お互いにズレた視点で主張をしはじめるため、相手のいうことがお互いに理解しにくくなってしまいます。何を話しても話が通じないという状況が続けば、イライラしてしまうのは当然ですよね。

 

自分の期待がイライラをつくりだす

JerzyGorecki / Pixabay

イライラしてしまうという裏には、前提として自分が相手に何かを期待しているという状況があることにお気づきでしょうか。

 

例えば下のような場合では「・・・してほしい」の部分で自分が相手に期待をしているといえますよね。

もっと子供の面倒をみてほしい、のに見てくれないからイライラする。

茶碗くらい自分で流しに出してほしい、のに出してくれないからイライラする。

ゲームばっかりしてないで話を聞いてほしい、のに聞いてくれないからイライラする。

期待していたのに、思っていた状況にならないからイライラする

夫にイライラする要因のひとつにはそんな仕組みもあるのです。

 

きちんと口に出してリクエストする

では、実際に私も実践している夫へのイライラ対策をご紹介していきましょう。

まずひとつめは、きちんと口に出してリクエストをするということです。

 

イライラする要因には自分の期待に相手が応えてくれないからという場合もあると上述しました。

そんなとき、冷静になって考えてみると実は自分の期待をきちんと相手に伝えていなかったということは意外とよくあることです。

 

夫なんだから、これくらい気づいてあたりまえでしょ。

なんて思っていても、相手にとっては全くわからないことだったりします。

場合によっては、「なんだか機嫌がわるいなぁ」くらいにしか思われていない場合もあります。

 

こんなことまで口に出さないといけないのかと思うような事であっても、あえて口に出して相手に伝えてみるようにしましょう。

 

<スポンサーリンク>

 

アイメッセージを利用

相手にリクエストをするときに覚えておくと便利なのが、アイメッセージです。

アイメッセージとはアイ=I(英語の”私”)を主語にして相手にメッセージを伝える手法のことで、「わたしは~」と、自分を主語にした文章でいいたいことを発信します。

 

自分を主語にすることで、相手に圧迫感を与えずに伝えたいメッセージを届けることができるといわれています。

 

ちなみに反対の手法として、ユーメッセージもあります。

 

たとえばおむつ替えを手伝ってほしいなと思ったときには、

私は あなたがおむつをかえてくれると 嬉しい :アイメッセージ

あなたが おむつを かえてよ(かえるべきだ) :ユーメッセージ

というように、アイメッセージで自分の感情を伝えるようにすると、相手への行動を強要している感じがうすくなり、メッセージが伝わりやすくなります。

ぜひためしてみてくださいね!

 

「夫は協力してくれるもの」という期待を捨てる

picturelyrics / Pixabay

自分の気持ちや期待していることを伝えたのにうまくいかないときは、他の方法をとりましょう。

 

具体的にいうと、

夫は育児に協力的であるべきだという考えを捨てる

ということです。

そう、あきらめるのです。

 

夫には話も通じないし、理解もしてもらえないし、協力もしてもらえない。

そういう前提に自分の頭の中を書き換えるのです。そうすると、本当にぐっと楽になります。

 

実際、私の知り合いの中には「夫はイヌだと思ってる」という方もいます。イヌだと思えば、はしを使ってご飯を食べているだけでもすばらしいと思えるのだそうです。

夫をイヌだと思うところまでいくとなかなかハードルが高いかもしれませんが、期待値を最初から下げておくという意味では参考になりますよね。

 

期待値を下げておくと、少し手伝ってもらっただけでもすごくうれしくなります。

すると自然に心からの「ありがとう」が出てきます。

夫としても、心から感謝されればまた何か手伝おうかなという気にもなるかもしれませんね。

 

おわりに

子供が小さいうちはママの育児負担が大きく、疲れていることが多いですよね。

夫に対しても、ついイライラしてしまうこともあるでしょう。

そんなとき、きちんと自分の気持ちを口に出して伝えたり、相手に期待しすぎないよう心がけるだけでイライラ度合いがかるくなりますよ!

ぜひ試してみてくださいね。

 

<スポンサーリンク>