痛くないパンプス探し。靴下コーデとかかと脱げ防止策を考察する

OpenClipart-Vectors / Pixabay

大人コーデに欠かせないパンプス。

カジュアルコーデにもパンプスを持ってくるだけでぐっと大人でおしゃれな雰囲気になるから不思議です。

けれど、足の甲が出ている分、カパカパ脱げたり足先が痛くなってしまったり・・・歩きにくいということも多いもの

今回は、痛くならないパンプスや、今はやりの「靴下コーデ」、そしてよくある「かかと脱げ」の防止策について考察してみます。

 

<スポンサーリンク>

 

痛くならないパンプスの条件

そもそもパンプスが痛いのは、

  • ヒールが高すぎてつま先に重心がかかる
  • ソール(底)のラインが足に合っていなくて、つま先に重心がかかる
  • 歩いたときにかかとがカパカパ脱げて、つま先でひっかけて歩かなければならない(つま先に負担がかかる)
  • 歩くたびに、靴と足が擦れる

といった要因があるからです。

 

シューフィッターさんのいるようなお店で、きちんとサイズや足のアーチを計測し、オーダーメイドの靴を仕立てることができれば話は別でしょうが・・・一般的にはお店の既製品を買うことが多いですよね。

となると、なかなか自分の足にピッタリあった一足というのは探すのが難しいものです。

足と靴があっていないと、パンプスの場合は擦れの原因になったり、脱げやすくなったり、足裏の一部分に負荷がかかりやすくなってしまいます

 

難しいのは承知の上で、既製品の中からできるだけ自分の足にピッタリくる一足を探すというのが痛くなりにくいパンプス探しのポイントになりそうですね。

 

どんなパンプスなら痛くなりにくいのか

では逆に、どんなパンプスであれば痛くなりにくいのでしょうか?

例えば、

  • インソールがふかふかしている(低反発など)
  • ソールが曲がる(足の動きについてくるので、かかとが脱げにくく足先に負担がかかりにくい)
  • ヒールの位置がかかとの真下に来ている
  • 足に接する部分がやわらかい素材でできている

などの条件を満たしていると、はきやすく痛くなりにくいパンプスといえます。

 

痛くないパンプスは需要が大きいので、既にいろいろなブランドから商品が発売されています。「走れるパンプス」などとして販売されていることも多いですよね。

 

なかでも私が大注目なのがsalus(サルース)さんのパンプス

日本製で、日本人に合わせた足型で作っているので土踏まずまでぴったり足裏がフィットするのだそう。

ふわふわインソール、かかとの真下にくるヒールの位置を装備しているのはもちろんのこと、なにより注目なのはソールのやわらかさ

1000円や2000円でパンプスが買えるネット通販のなかではお高めのお値段ですが、それだけの価値はあると感じています!

 

 

ちなみに同じsalusさんのパンプスで中国製のものもあるのですが、ソールは曲がらないようで・・・でもふわふわインソール、かかとの真下にくるヒールの位置などの心遣いがあり、お値段も1990円(2018/3/4現在)ととってもお安いので、コスパ抜群だと思います!

 

 

ちなみに痛くない、走れるパンプスといえばアミアミさんのパンプス。

はきぐちのカッティングが浅くて足の甲がキレイに見えたり、ポインテッドトゥが美しいラインで作られているのが特徴です。

 

ただこちらもソールが曲がらないみたいなんですよね・・・

 

個人的にはやはりsalusさんの国産ラインがおすすめかと思います。

 

靴下コーデはあり?なし?

最近よく見かけるのがパンプスと靴下を合わせるコーディネイト。

アラフォー世代としては、正直「ダサい」と感じてしまう部分も否めません。取り入れるのに抵抗がある方も多いかと思います。

 

靴下を合わせるとどうしても若いコーディネイトに寄ってしまうので、大人っぽさをキープするにはあくまで「おしゃれでやってます」という面を主張するのがポイント

色使いや素材、靴とのカラーリングにまでこだわって靴下選びをするのがおすすめです。例えば透け感のある靴下を選べば、カジュアルさも抑えられます。

 

「別に大人っぽさは出さなくてもいいの」という方であれば、個性を活かして自由に組合せを楽しむのも良いですね。

 

<スポンサーリンク>

 

かかと脱げ対策は?

パンプスの大きな悩みであるかかと脱げ。

これを防ぐには、

  • 足にフィットした靴を選ぶ
  • かかとに脱げ防止シールを貼る

といった方法があります。

 

かかとの脱げを防止するシールとは、低反発やジェルでできた立体感のあるシールで、靴本体のかかと部分に貼ることで靴を脱げにくくしてくれます。

こんな感じのモノですね。

 

自分の足に合わせてカスタマイズできるので、ちょっと合わないな、と思う靴でもシールを貼っていけば足にフィットさせることも可能です。

 

おわりに

一足あるとジーンズからレディなスカートまで便利に使いまわせるパンプス。用途の広いアイテムだからこそ、自分に合うものを選びたいですよね。

足に負担をかけないためには、お買い物をするときの選び方が重要になってきます。

ソールの返りなどもチェックして、ぜひ納得いく一足を手にいれたいものですね!

 

<スポンサーリンク>