洗たくマグちゃん使ってみた結果をブログ報告!旦那のTシャツや台拭きで調査♪

Skitterphoto / Pixabay

「水素水で洗剤なし洗濯ができる」と評判の洗たくマグちゃん。

実際に購入し、2ヶ月以上使ってみました!

この記事では、実際に使ってわかった点、台拭き・衣類などを洗ってみた結果などをまとめています。

ほんとに効果あるのかな・・・と購入を迷っている方はぜひ参考にしてくださいね(^-^)

洗たくマグちゃんとは?

「洗たくマグちゃんって何?初めて聞いた!」という方もいるかと思うので、簡単にご紹介しますね。

 

洗たくマグちゃんとは、ひとことでいうと”水素水を発生させて洗濯ができる商品”です。

洗たくマグちゃんを水に入れると、水(H2O)が水素(H)と酸素(O)に分解され”水素水”になるのだそう。

 

水素水は

  • 市販の洗剤と同等の皮脂汚れの分解率
  • 臭い成分の分解率はなんと洗剤の約10倍

という効果があります。

水素水でお洗濯をすれば、洗剤を使わなくてもきちんと汚れを分解し、部屋干ししても匂わない洗濯をすることが可能というわけなのですね。

もっと知りたい方は、こちらの記事に詳しくまとめてありますので読んでみてくださいね(^^)↓

洗たくマグちゃん、洗剤なし+水素水で部屋干しOK!家事の救世主かも

MAGUCHAN SHOPでも公式情報をゲットできます。

 

購入した洗たくマグちゃんの紹介

洗たくマグちゃんにはいくつかの種類があるのですが、私は一番コスパがよさそうと感じた、

50g入りの洗たくマグちゃんをAmazonで買いました!

 

 

ちなみに公式サイト(MAGUCHAN SHOP)によると、洗たくマグちゃん洗剤との併用が推奨されています。

洗たくマグちゃんの他にも「ベビーマグちゃん」や「ランドリーマグちゃん」といった製品もあります。これらは洗剤と併用せずに使用することが推奨されているのですが、中身は一緒で製品の目的や正味量が違うだけであるようです。

購入を検討される際は、目的や使い方に応じて商品を選んでみてくださいね。

 

台拭きと旦那のTシャツを洗ってみた

”洗たくマグちゃんを使い始めてしばらくは、それまで使っていた洗剤の成分が洗濯物に残っているため洗浄効果が充分に発揮されないこともある”

との情報がありましたので、しばらく普段の洗たくに一緒にいれて使いました。

1ヶ月以上使ったので、洗たくマグちゃんの実力を実験してみました!

 

実験に使うのは、

  • キッチンの台拭き(若干生臭い)
  • 旦那のTシャツ(若干加齢臭・・・?体臭?)

です。

どちらも匂いが残りやすい洗濯物です。これがキレイに洗えれば、すごい!と思ったのでこれらをチョイスしました。

 

洗たくマグちゃんは洗剤と併用する想定の商品ですが、今回は実力を見てみたいので洗たくマグちゃんだけであらってみました。

 

洗たくものの量としては、1kg前後でしょうか?

水量は20Lで設定し、洗い10分、すすぎ1回、脱水の通常コースで洗たくしました。

雨の日でしたので、部屋干ししました。

 

<スポンサーリンク>

 

洗たくマグちゃんだけで洗ってみた結果

部屋干しで乾かしてみたところ、

台拭き・・・若干匂い残りあり

旦那のTシャツ・・・匂いほとんどなし!

という結果になりました。

 

正直、旦那のTシャツの匂いがとれたのにはびっくりしました。

 

洗たくマグちゃんは、マグネシウム+水+皮脂 で洗浄力を発揮するそうなので、やはり皮脂汚れの多いTシャツは汚れや匂いがとれやすかった・・・ということなのでしょうか。

 

洗剤との併用について

今回は実験ということで洗たくマグちゃんだけで洗ってみましたが、普段は粉石けんと一緒に併用して使っています。

我が家では併用によるメリットこそあれ、デメリットは特に感じていません。

 

粉石けんは市販の合成洗剤に比べたら値段が高いので、洗たくマグちゃんを使うことによって洗剤の量を減らすことができて助かっています

また、以前より洗濯槽の汚れが減った気がします(正確に比較したわけではないのであくまで主観ですが・・・

 

排水管の中もキレイにする効果があるそうなので、それも期待大です(これも目でみることができないので期待するだけですが・・・(^^;)

おわりに

洗たくマグちゃんの実力を実験してみました。

台拭きのような生臭い匂いはマグちゃんだけでは取れないという結果になりましたが、皮脂汚れや皮脂汚れからくる衣類の匂いには効果が大きいようです!

我が家の普段使いのように洗剤と併用すれば、洗浄力もUPし匂い防止効果も期待できますよね。

 

いきなり切り替えるのは難しくても、ライフスタイルや洗たくものの種類に応じて『水素水洗濯』を取り入れて見てはいかがでしょうか?

 

<スポンサーリンク>