雨の日もカンタン工作で楽しく家遊び!目からウロコの実例を紹介

雨の日になると、子供と一緒になにをして過ごしたら困ってしまうことってありますよね。

公園につれていくこともできないし、お出掛けもおっくうになりがち。

そんなとき我が家では、家の中にあるものでできる工作をしたりします。

今日は、実際に我が家の子供達が楽しんでいる内容も交えながらおうちでの工作遊びのアイディアをご紹介したいと思います。

 

<スポンサーリンク>

 

工作といっても、絵をかいたり、テープを貼ったり、ようじを刺したりといったかんたんな内容です。

まだ小さいお子さんでも楽しめると思いますよ!もちろん、お子さんができないところは家族の方が手伝ってあげれば遊びもひろがります。

 

紙コップでできる家遊び

紙コップがあると、いろいろな遊びに応用することができます。

お買い物のついでに買っておくと雨の日や家で遊ぶときに重宝します。

 

お人形ごっこ

上の写真のように、紙コップに好きなキャラクターの絵を描けば、お人形ごっこのはじまりです。

親としてはリカちゃん人形などのちゃんとしたお人形でなくていいのかな?と疑問に感じてしまいますが、子ども達はちゃんとした人形かどうかなど全く気にならないようです。

 

絵を描くところからお子さんにやってもらえば、それだけでも遊びになります。

折り紙でベッドや食べ物などの小道具を作ったり(描いて切る)、ダンボールを家に見立てて設置したりすればどんどん遊びは広がります。

 

我が家の子供たちは、プリ〇ュアのいろいろなキャラクターをかいたり、実在しない想像のお友達を作ったりして遊んでいますよ!

 

ポテトゲームも楽しい

ひと手間かかりますが、紙コップを使ってポテトゲームを作ると大人も子供もみんなで楽しめます。

 

用意するものは

  • 紙コップ
  • 紙コップの底の部分を切り取ったもの
  • 毛糸、糸、ひもなど
  • 折り紙(もしくはストロー)

です。

 

これらの材料を、下の写真のように準備します。

折り紙は、半分に折ったラインでカットし、さらに3cm巾くらいの短冊状に小さくカットしていきます。

短冊状のものをくるっと丸めてポテトのような棒状にしてください。端はセロテープで留めます。

サイズは厳密なものでないので、適当に作ってもらって構いません。

※もし折り紙を切るのが面倒なら、ストローを10cm位に切って代用してもよいとおもいます。

 

ポテトのような棒のうち一本をえらび、紙コップの底だけを切り取ったものに糸でつなげます。これが当たりポテトになります。

 

当たりポテトを引いたとき紙コップの底全体がもちあがるようにしたいので、

  • 底の中心にシャーペンなどで穴をあけて糸をとおしておく
  • 底の外周の3か所に糸をセロテープで留め、上から引っ張られたとき平らに持ちあがるようにする

など工夫してみてください(底の外周3点を留める方が、安定感が出るかと思います)。

 

<スポンサーリンク>

 

 ポテトゲームの遊び方

作ったポテトを紙コップの中にすべて入れます。

あとは、順番にポテトを勢いよく引いていきましょう!

当たりポテトをひくと他のポテト全部がパッと散るので、大盛り上がりすることうけあいです。

 

メラミンスポンジも遊び道具に

家庭に常備している意外なものが、子供の喜ぶ遊び道具になることもあります。

たとえば我が家の子供の家遊びに人気なのが、メラミンスポンジです。

親が使いやすいようにダイス上にカットしてあるのですが、それを食べ物に見立ててままごとごっこをしていたりします。

こんな感じです。

お皿はチップ〇ターのふた、そこにガムテープを貼り、メラミンスポンジをのせて楊枝を指しただけです。

でも、きちんとおもちに見えていますよね!

メラミンスポンジはサクサク物が刺さりますし、簡単にちぎることもできるので子供にはかっこうの遊び道具になります。

あまりに散り散りにされると困ってしまいますが、子供が遊んでもいい量だけ渡してあげれば問題ありません。

 

おわりに

子供の遊び道具というと「きちんとしたおもちゃを用意しないと」と考えてしまう方も多いと思います。

しかし意外と子ども達は、家にあるものでも充分楽しく遊んでくれます。

ご紹介した内容をみて「こんなものでも遊べるんだ」と目からウロコが落ちた方もいるかもしれませんね。

今度の雨の日には、お子さんと一緒にかんたん工作で楽しく過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

<スポンサーリンク>