新車リースのメリットとデメリット!個人は購入がお得?徹底調査

esanbandon / Pixabay

新車を購入するなら、ローンを組みますか?

それとも現金一括?

実は・・・それら以外にもリースという選択肢があるのをご存知ですか?

 

<スポンサーリンク>

 

私もつい最近新車購入を検討するまで、リースの存在を知りませんでした。

ちょっと調べてみたところ、とてもお得そう。でもデメリットもあるはず・・・。

 

というわけで、今回は新車のリースについてメリットデメリットや購入した場合との違いについてまとめていきたいと思います!

 

そもそも新車のリースってどんな仕組みのこと?

まずは新車のリースってどんなサービスなのか、イチから細かく調べてみました。

 

まず新車購入と大きく違うのが、所有者がユーザーでなくリース会社であること。

車検証の所有者欄にはリース会社が記載されます(使用者はユーザーの名前)。

車を買うのではなくリース(レンタル)するのですから、その点については当たり前といえば当たり前ですよね。

 

自動車販売会社とやりとり

車の所有はリース会社ですが、たいていの場合ユーザーが実際にやりとりをするのは自動車販売会社になります。

その場合自動車販売会社がリース会社の代理店として、リースの内容について相談や手続きを行ってくれます。

 

毎月リース料を支払い

ユーザーは、リース会社に毎月リース料を支払います

このリース料には、

  • 車検費用
  • メンテナンス費用
  • 税金
  • 自動車保険

など、車関連の費用をまとめて組み込むことができます。

車検やメンテナンスでの急な出費が減るので、家計の管理がぐっと楽になりますね。

 

 リース料は分割ローンよりお得?

リースでは、ザックリいうと車両価格から契約満了時の予想売却価格を差し引いたを月々支払います。

 

たとえば300万円の新車で、リース終了時に100万の下取り予想価格であるとすると、

300万円-100万円=200万円

を契約期間に月々支払っていくという形になります。

 

車両価格全体を按分する新車購入ローンと比べると、毎月の支払額が安くすむような気がしますよね?

しかし実際には車検代やメンテナンス代、金利なども含まれてきますので、一概にリースの方が安いとは言いきれません。

残価の取り扱いによってもトータルの支払い額が変わってくるので、契約の際にきちんと確認する必要がありそうです。

 

個人が新車をリースするメリット

リースの場合、リース料さえ払えば乗り出せるので、

まとまった資金がなくても新車に乗れる

というのが最も大きなメリットではないでしょうか。

 

また、

税金や車検などの手続き、メンテナンスや事故対応もリース会社がやってくれるので、面倒な手続きから解放される

というのも嬉しいポイントですよね。

 

他にも、

  • 急な出費(車検など)が必要ないので月々の支払いが安定する
  • リース会社が契約しているメンテナンス会社なのでクオリティ面も安心

といったメリットもあります。

 

急な出費を抑えたい方や、車検やメンテナンスなど面倒な手続きを一括してお任せしたい方にとっては、リースはぴったりかもしれません。

 

個人が新車をリースするデメリット

リースした場合のデメリットには、どんな点があるのでしょうか?

 

まず挙げられるのは、

設定した残価と実際の買取価格とのズレが発生するリスク

です。

 

リース期間中に傷やへこみをつけてしまったり、室内を汚してしまうなどして車体価値がさがってしまうと、契約満了時の買取価格も下がってしまいますよね。

キレイなまま使っていても、買取価格が精算時の中古車市場の相場に左右されることもあるようです。

そうすると、契約満了の精算時に追加で支払いが発生する可能性があります。

 

他にも、

  • そもそもの買取設定価格が市場相場より安い→普通に購入して買取に出す方がお得
  • 金利が残価も含めて設定されているうえ金利も高め→通常のオートローンの方がお得

ということになる場合もあります。

 

金利や買取価格については個々の商品によって異なってくるところなので、細かい比較が必要になってきますね。

 

<スポンサーリンク>

 

走行距離に制限

リースの場合は、走行距離に制限が設けられている場合があります。

もし、設定された距離以上に走ってしまうと、追加で料金が発生してしまいます。

長い距離を走ることが多い人には向いていないかもしれませんね。

 

結局どっちがお得なの?

結局のところ、どちらがお得なのでしょうか?

我が家の場合、

  • ある程度まとまったお金を用意できる
  • すでにつきあいのある整備工場がある(車検やメンテナンスをお任せできる)
  • 長い距離を走る(1日80km~)
  • 子供がいるので汚れる可能性が大きい

こういった要因を考えると、購入した方がお得な気がします。

 

まとまった資金調達やメンテナンス費用の管理・手続きは自分達でしていく必要がありますが、

新車で普通に購入し、できるだけ高値での下取りを検討していく

というのが我が家にとってのベストチョイスになりそうです。

 

頭金ゼロでも新車に乗りたい

キレイさを保って乗れる見込みがある

走行距離が短い

といった方であれば、新車リースは検討すべきリストにあがってくるのではないでしょうか!

 

<スポンサーリンク>