アラフォーママの自律神経失調☆治るまで記録☆ ~病院初受診編~

StockSnap / Pixabay

自律神経失調になってしまいました。

医師によると、軽いものだそうですが、それでもスッキリするにはしばらくかかるでしょうとのこと・・・

はっきり「〇ヶ月」と言われないのがちょっと怖いところではあります。

ストレスや過労にさらされやすい主婦・ママのみなさんに、もしものときの参考になればと思い私の体験をシリーズで綴っていこうと思います。

※個人的体験ですので、診断や判断は医師を受診してくださいね!

※自律神経失調・副腎疲労(アドレナルファティーグ)をまとめて読みたい方は★★★こちら★★★から

 

自律神経失調が発覚したきっかけ

夏のある朝。目が覚めた私はすぐに異変を感じました。

めまいで天井がユラユラしているのです。

 

回転性めまいは以前になったことがあったので、「またか。」と思いました。

 

しかし今回のめまいは、回転性というより、八の字というか、ユラユラというか、ちょっと種類が違うような気もします。

 

困ったなと思いながらも壁を伝って薬箱へ行き、めまい止め(以前のめまいの時のものが残っていた)を飲みました。

 

以前のめまいは横になって安静にしていれば数日で良くなっていったので、今回もおとなしく寝ていることにしました。

 

めまいだけじゃない

休日だったこともあり、丸2日ほど横になっていました。

めまいは相変わらず続きます。

 

ここでふと、異常を感じました。

とにかく、これまでの人生で感じたことの無いような不安を感じるのです。

 

他にも全身倦怠感、胃腸症状、食欲減退などもありましたが、とにかくこの「不安」がつよすぎて、何をするにも怖くなってしまいました。寝るのさえ怖いのです。

 

身体状態もなかなか良くならない中、不安が強いというのがなによりも異常な感じがして、

夫に相談した結果医療機関を受診することにしました。

 

医療機関受診の結果

めまいが起きた場合、まずは耳鼻科を受診すると思います。

私も以前は耳鼻科を受診しました。今回も検討はしました。

 

ただ今回は、めまい以外の身体症状、それから不安感が強かったこともあり、脳神経内科を受診することにしました。

※神経、とついてるので精神的なことも見てくれるのかな、と思って選んだんですが、のちにそれは私の誤解だったことがわかります(^^;)精神的なことは、心療内科になるようです。

 

めまいどめ点滴を受けながら

  • MRI検査
  • 血液検査

など各種検査をしました。その結果…

身体的には問題なし!

 

問題なくて良かったような・・・でも本人としてはフラフラするし、動悸はするし、立っていられないほどの疲労感。腑に落ちないような気分が残ります。

 

この日はめまいどめだけ処方されて帰りました。

 

2日後に再受診

めまいどめだけ処方されて帰ったものの、よくなるどころか、体調は悪化していきます。

36.9℃の発熱、フラつき、手足の異常な発汗、頭のしめつけ感、胸の締めつけ感など・・・これまで体験したことの無い症状が重なり、さらに不安がつのります。

 

結局、初心から2日目に再受診し、

心電図検査

などもしました。

 

その結果、やはりの

身体的には全く問題無し(笑)

 

しかし、不思議なのが、健康な体とまったくそぐわない体調不良をたくさん感じているのは事実なのです。

 

抗不安薬の処方

この2度目の診察で、自律神経が軽く失調しているのであろうという見解とともに

ロラゼパムという抗不安薬を処方されたのでした。

 

アトピーと一緒で、自律神経失調症です、とは断定していったりしないのかなとボンヤリ感じました。

 

これまで睡眠薬や安定剤を飲んだことがなかったので、最初に飲むときはちょっと抵抗がありましたが、飲んでしまえばなんということもなく、

むしろぐっすり良質な睡眠がとれるのでとても良かったと思っています。

 

ただ、1日2回のんでも1回のんでもどちらでもいいといわれたので、ちょっとビビって1日1回(寝る前)から飲むことにしました。

 

そして、昼間は漢方で乗り切ることにしました。

 

つづきはまた次の記事で書きたいと思います!

ここまで読んでいただいてありがとうございました!

闘病中の方、一緒に早く楽しい生活に戻りましょうね(^^)