角質除去の顔ケアにおすすめ!コスパ抜群の手作りシンプルコスメ

melancholiaphotography / Pixabay

30代40代のママのみなさまお肌の調子はいかがですか

カサカサ、ゴワゴワ、ブツブツしてませんか?

 

私もカサカサゴワゴワブツブツに悩んでいました。

しかし最近、お金をかけずにゴワゴワ肌を改善できるスキンケアを見つけたんです。

 

<スポンサーリンク>

 

しかも、家にあるもので手作りすることができるんですよ!

私が実際にやってみた経験も交えつつ、皆さんにご紹介していきたいと思います。

※私の個人的経験を書いているので、効果を保証しているわけではありません。もし不都合がおきても責任は負いかねます。お試しされる際は自己責任でおねがいします。

 

美肌のキモは角質ケアにあり!

silviarita / Pixabay

角質ケアって聞いたことありますか?

聞いたことはあっても、「私には関係ないわ・・・」と思っている方も多いのではないでしょうか。

私も「角質ケアなんて私には必要ない」と勝手に思い込んでいたひとりでした。

 

年齢とともに角質ケアの必要性がでてくる

子育てに夢中な数年間を経て、ある日気がつくと自分の肌が変化していることに気づきました。

透明感がなかったり白ニキビができていたり、いくら化粧水を重ねても次の日の朝には乾燥していたり・・・

 

これが、いわゆる加齢による変化=”くすみ”なのかしら?

と気づいたのです。

 

古い角質のバリアを取ってあげる

30代や40代になると、肌のターンオーバーの乱れによって古い角質が肌にとどまったままになってしまいます。

美容カウンターで聞いた話によると、古い角質を放っておくといくら高い化粧水や美容液を入れようとしても肌に入っていかないのだそうです。

加齢でくすんできた肌に栄養を届けてあげるにはまず、肌の表面から不要な角質を取ってあげないといけないんですね。

 

手作りスクラブを試してみた

redprick2001 / Pixabay

角質ケアをしなければと気づいた私がとりいれてみたのは、

コーヒー豆を使ったスクラブです!

 

なんとこのスクラブ、お家にあるもので手作りできちゃうんです。

 

作り方は簡単。

  1. コーヒー豆を挽く(飲んだあとの豆でもOK)
  2. オイルを混ぜる(肌にのせられる種類のものであれば、どんなオイルでもOK)

これだけです。とても簡単ですよね。

 

混ぜるオイルは肌にのせられる品質のものであればどんなものでもよいのですが、

私は家にココナッツオイルがあったので、それを使いました。

 

混ぜる前の状態がこちらです。↓

白いものは、寒くて固まっているココナッツオイルです(肌にのせれば溶けます)。

これを、混ぜたあとに肌にのせ、やさしくマッサージしていきます。

 

優しくするのがコツ

このスクラブはコーヒー豆のブツブツ感があるので、ゴシゴシこすると肌に負担がかかってしまいます。

私も、最初は加減がわからず、肌がピリピリしてしまったこともありました。

ですのでマッサージするときには、とにかくやさしく、クルクルとすべらせるようにしてくださいね。

 

<スポンサーリンク>

 

ココナッツオイルブレンドがおすすめ!

コーヒー豆のスクラブは、アルガンオイルやオリーブオイルなどどんなオイルでも作れます。

でも、私のおすすめは断然ココナッツオイルです!

 

なぜかというと、まず香りが甘くて癒されるから、

そしてココナッツオイルは酸化しにくく、美容効果もあるからです。

 

ココナッツオイルはオイルうがいやお料理にも使えるので、家にひとつおいておくと便利です。

買うときには、香りの残っている未精製のものを選ぶようにしてくださいね!

気になるコーヒースクラブの使い心地

私はコーヒースクラブを使ってマッサージすると、お肌がしっとりさらさらになります。

オイルの効果に加えて、コーヒー豆のスクラブ効果でキメがとても細かくなっているのがわかります。

 

週に1~2回やると、余分な角質を肌に残さずスキンケアができるようですよ!

ココナッツオイルは排水溝に流すと中で固まってしまうことがあるので、水道に流すのはやめてくださいね。

厚手のペーパータオルや重ねたティッシュで優しくふきとり、油分がなくなったあたりでコーヒー豆を洗い流すとスムーズです。

ちょっと大変ですが、それだけの効果はありますよ!

おわりに

子育て中の30代40代ママにとっては、できるだけ安価に、かつ効果のある方法でスキンケアできると嬉しいですよね。

コーヒー豆でできるスクラブは、材料も食べられるくらい安全ですし、とてもおすすめです。

ぜひ、試してみてくださいね。

 

<スポンサーリンク>