苦しいブラにさよなら!肩凝り&垂れるを乗り越えるアラフォーインナーの選び方

melancholiaphotography / Pixabay

当たり前のようにブラつけてるけど、本当の本当は

何もつけないで一日過ごしていたい

という方、意外と多いのではないでしょうか?

ワイヤーはもちろんのこと、アンダーゴムですら苦しい、肩凝りがツライと思うのは私だけではないはず。特に、体型が変わってくるアラフォー世代にとっては悩みも切実なのではないでしょうか。

今回はそんな悩みをお持ちの女性に、「ブラの苦しさから逃れる方法」をシェアしていきたいと思います!

ブラって本当に必要なの?

そもそもブラはなぜつけなくてはいけないのでしょう?

大きくわけると

①形を整える(盛る、支える、寄せる)

アウターにラインが響かないようにカバーする(見た目の清潔感)

といった理由がありますよね。

 

美しさを求める女性にとってはどれもとても重要です。

 

しかし・・・もはや女性性アピールの必要性が薄くなったアラフォー世代にとっては、

正直、美しさよりも楽さをとってしまいたくなるのが本音かと思います(^^)

 

おっと、アラフォーの人達をバカにしているわけではありませんよ。私もアラフォーの一人ですし、女を諦めたというわけでもありません。

 

ただ、「胸で男を釣る必要性は薄くなる」というのはあるのではないでしょうか。

 

人間的にも成熟してきますし、どうがんばったって肌のツヤやハリは10代20代とは違ってきます。

 

それなのに経年変化を見ないふりして ”ツンと上向きな若いバストライン” に固執していると、いつのまにかイタイ存在になってしまう可能性すらあります・・・(怖

 

アラフォーに必要なブラの機能は?

日本では若さが絶大な男性ウケポイントなので仕方がないところもありますが、

海外などに視点をずらせば「寄せてあげて」よりもナチュラルなバストラインのままセクシーさを出している人もたくさんいます。

mjps / Pixabay

 

アラフォーになったら、無理して若作りするよりも自分の体の変化を受け入れつつ女としての美しさを追求していきたいものです。

 

となると、上述の①ボリュームを盛る、形を整えるといった点はあまり必要ではなくなって、

②の見た目上の清潔感を確保するといった観点が必要になってくるということがわかります。

 

肩凝りとブラの関係

アラフォーになると、仕事や家事で体の疲れもたまりやすいもの。

そんな体に、みぞおちや肩を締めつけてくるブラは負担でしかありません。

 

血行も悪くなり、肩凝りの原因になってしまうこともあります。

 

 

アラフォーなりのブラ(インナー)選びのコツ

人間も生物の一種。

いくら認めたくなくても、40代になれば10代20代とは体のラインや肉質も変わってくるという事実があります。

 

ここで若さにしがみつかず、

アラフォーなりのまろやかな体のラインや、肉が削げてかえって美しく見えるようになったパーツ(手首やデコルテなど)を魅力的に見せることに集中していこう。

という風に考えを変えることができれば、ブラ選び(インナー選び)の世界がぐんと広がります。

 

いくら若く見せたいからと言って、ぴったりトップスや薄手のTシャツなんかを着て

  • 丸くなった肩のライン
  • トップのさがったバストをむりやりブラで上げていることによるアンダーラインや肩紐の食い込み
  • 胸の下にはみだしている腹の肉

などをわざわざ周囲にみせつける必要はありません。

 

なにも10代や20代の子のように胸を美しく盛らなくても、

美しいドレープやカッティングで体を美しく見せてくれる服はいくらでもあります。

 

最大限頑張ってもどっこいどっこいの勝負にでるよりは、40代にしかだせない余裕感を出すようにシフトしたほうが得策のように思います。

 

となると、アラフォーにとって、ブラに求める条件は見た目上の清潔感を確保するという一点のみ

 

無理に寄せてあげるためのワイヤーもいらないし、

ウエストを細く見せるための余分なアンダーネットや幅広ゴムもいりません。

 

肩や体周りに負担なく、かつ最低限の垂れる対策(バストのお肉を収めておいてくれる)の機能を果たしてくれれば充分です。

 

・・・かといって、おばあちゃん御用達のような色気もへったくれもない肌色の下着ってのも萎えてしまいますよね(^^;)

 

個人的にはユニクロのカップ付きタンクやブラキャミがおすすめです。

 

 

カップ付きタンクなんかはかなーり楽なんだけど、アンダーゴムすら邪魔に感じてしまう私は、なんと後ろの半周分だけゴムをカットしています!!

伸びる生地だからか、切った端はクルクルっと巻いていってくれるのでミシンとかかけなくてもガンガン洗濯して普通に使えます(^^)

てか、ちゃんと端に三角ミシンとかかければOKだと思います!

 

ただ、なんというか、公式な方法ではないとおもうんで(当たり前(笑)

お試しするときはもう捨ててもいいって古いやつとかでやってみるとよいかも~

 

後ろの締めつけがないだけでぜんっぜん着心地が違いますよ!モールドカップだから前からの見た目も大丈夫だし。ただ、アンダーのホールド感はなくなりますけどね。

責任は負いかねますが、ご興味のある方はぜひお試しを。

 

 

ちなみに、そんなんじゃ垂れる対策や補正力に不安が・・・て人は、育乳ブラで有名なブラデリスからでているゆきねえシリーズもいいかもしれませんね!

 

 

なつかしい。ブラデリス。

授乳終わった時、「よーし授乳前にもどすぞーーー!!」って気合入れて買ったものです。

挫折したけどね・・・授乳を経て自由奔放になったバストさんにご機嫌とるのは難しいものです。

 

 

たまに気合をいれたい!でも楽したい~☆

ってときは、めっちゃワイヤー入ってますけど、これもよいですよね!

 

売れてますよね~。

セールの時に買えばかなりおとくにゲットできます!

 

おわりに

この記事を書こうと思ったのは、ふとママ友と話していたら、

ブラが辛いと感じているのは私だけじゃなかった!

と知った事件があったからです。

 

彼女に、「カップ付きタンクの後ろゴム切ってるよ~」っていったら、驚愕してましたけど(^^;

 

楽に、美しく。女性のみなさん、一緒にがんばりましょう!