痛くならないビーチサンダル!クロックスとの違いは?冬でも売ってるのはココだよ☆

Kaz / Pixabay

夏には欠かせない、ビーチサンダル。

価格やデザインも豊富で、毎年買い足すという方も多いのでは。

いまやビーチサンダルは百均でも手に入るとはいえ、気になるのが履き心地

デザインはかわいいのに、履くと皮がむけてしまう・・・なんて経験のある方もいるのでは?

冬以外はビーチサンダル愛用中の筆者が、痛くなりにくいビーチサンダルをご紹介します☆

 

素材に注目

ビーチサンダル選びでまず注目したいのが、素材です。

底材(足裏にあたる部分)はもちろんのこと、特に気をつけて見ていただきたいのが鼻緒の部分

足の親指と人差し指の間にあたる部分です。

この部分の素材感によって、靴擦れのしやすさが大きく左右されます。

 

鼻緒の固さに要注意

鼻緒がつるっとしたプラスチックでできていて、しかも固めの素材であるような場合、

歩くたびに足の甲の鼻緒が当たる部分に負担がかかって痛みが発生することが多いです。

 

またそこまで固くない素材でも、鼻緒が細いと靴と足のフィット感を細い部分が一手にひきうけることになり、負担が集中しがちです。

この場合も、鼻緒の当たる部分が擦れてしまいやすくなります。

 

鼻緒は固すぎず肌あたりのよい素材でできていて、かつ太さも充分にあるもの、というポイントを念頭に置いておくと快適なビーチサンダルを選びやすくなります。

 

底材のやわらかさも重要

鼻緒が固めでも、底材が充分にしなるようなやわらかい素材でできていれば、鼻緒による足の甲への負担が軽減できます。

 

底も固い(または厚底など)、鼻緒も固い、しかも鼻緒が細めでおしゃれだったりすると、

相当足の形にフィットした商品でないかぎり鼻緒が当たる部分が痛くなること間違いなしでしょう。

 

<スポンサーリンク>

 

試し履きは重要

足の形は人によって違うもの。

鼻緒のカーブと足の高さが合っていれば、少々素材が固くてもきちんとフィットして快適に履けるはずです。

逆に、口コミで高評価を得ているようなサンダルでも、履いてみたら自分の足に合わなかった・・・というのも良くある話(筆者もたくさん経験しました(^^;)

 

あとあとの使いやすさを考えれば、時間や手間がかかっても試し履きをするのはとても重要です。

よかった商品

ここで筆者がこれまで実際履いてみて良かった商品をご紹介しますね!

 

まずは有名どころ、ハワイアナス

おしゃれだし、色も豊富、子供とお揃いにできるのがいいところ。うちも子供達の好みの色を毎年買い足しています。

お値段も1000円台からとお手頃。

ただ、底も薄めで鼻緒も固めなので、試し履きをしてから本購入するのがおすすめです。

 

上記のお店を含め、インターネットであれば冬でもビーチサンダルを購入できます

特に狙い目は、楽天スーパーセールや、夏の終わりのセール時期。ビーチサンダルもお安く売られていることがあるので、その時期に来年の分を買っておくというのも賢いお買い物だと思います。

 

そして現在私が愛用中なのが、「MARSHOE」のビーチサンダル。

底がふわふわ、返りもよく、鼻緒はやわらかめで太目のゴム素材でできたザ・コンフォートビーサンなのですが、残念ながら通販での取り扱いはない様子。

沖縄への旅行時にホテル日航アリビラの売店で見つけたものなのですが、もし沖縄へご旅行される方はさがしてみてくださいね!

 

最後に、意外と使えるのが100均のビーチサンダル。我が家は子供達の学校のプール用にダイソーで買ったものを使っています。すぐにサイズアウトするし、ほんの数回しか使わないので・・・

サイズ展開が少ないのが難ですが、大き目を買ってハサミで足先を切れば大丈夫(笑)

足先が長めのままだと、つっかかって転びやすくなりますので気をつけてくださいね。

 

クロックスとの違い

私は個人的にクロックスよりビーサン派です。子供にもクロックスではなくビーサン(またはぞうり)を履かせています。

理由はいくつかありますが、大きいものを挙げるとすれば鼻緒があることです。

 

 

鼻緒を掴むことによって、足指の機能が発達し、足裏のアーチがきれいにでるようになったり、偏平足や巻爪の防止になるといわれています。

 

おしゃれもしながら足指のトレーニングにもなるとしたら、ビーチサンダルや草履を選びたいな、と個人的には考えています。

 

おわりに

いかがでしたか?

快適なビーチサンダルがあれば、夏のおでかけも気分よく楽しめますね!!

夏に限らず、ちょっとつっかけてでかけるにも最適なビーチサンダル。ぜひお気に入りの一足をみつけて、家族やお友達とおでかけを楽しんでくださいね。

 

<スポンサーリンク>