三浦大知の歌とダンス、世界レベルのパフォーマンスを支えるものとは?

mohamed_hassan / Pixabay

1997年に9歳でデビューしたあと、充電期間を経て2017年に再ブレイクした三浦大知。

音のない状態で複数人がピッタリと息を合わせて踊る「無音ダンス」は世間をおどろかせました。

2017年末の紅白歌合戦にも出場を果たし、圧巻のパフォーマンスで聴衆を魅了した彼。そのハイレベルな歌とダンスには、実は理由があったのです。

<スポンサーリンク>

 

今回は、彼が『和製マイケルジャクソン』と呼ばれるにいたった歌とダンスの軌跡についてまとめていきたいと思います。

元々ズバぬけた才能をもっていた

1997年9歳の時に、三浦大知はFolderというアイドルユニットのメインボーカルとしてデビューしました。

9歳ですから小学3年生だったわけですが、すでにその当時から周囲の大人を驚かせるくらいの歌とダンスの才能があったといいます。

小学6年生のときに歌唱している「Everlasting Love」では、子どもとは思えない歌唱力や表現力に彼の神童っぷりを感じることができます。

そんな才能あふれる彼でしたが、2000年には声変わりを理由に活動休止という形を迎えることになります。

 

事務所のスタッフが才能を守った

実は活動休止となった理由として、事務所のスタッフや周囲の大人たちが、彼の才能を守る意向があったと言われています。

事務所としては活動休止という決断を下すことは難しかったはずですが、今の三浦大知の活躍があるのも当時の英断があったからこそ。

いちファンとしても、事務所の英断には拍手を送りたい気持ちです。

 

活動休止中はスキルアップに専念

活動休止中、三浦大知はただ遊んでいたわけではありませんでした。

NYへの1年間のダンス留学をふくめダンスに磨きをかけたほか、ピアノやギターなどの楽器を習得していきました。

歌声を磨くことはできなかったかわりに、この時期にさまざまなエンターテイメントの素養を磨いたことが、現在の三浦大知のマルチな才能の完成度を支える基盤になっているのですね。

 

業界人からも高い評価

三浦大知は元々の才能に加え、若い時代に研鑽を積んだことで日本人としては群を抜いた実力をみにつけました。

しかも、その才能はダンス、作詞、作曲、構成、演出と多岐にわたっています。

そのため、ダンサーやコレオグラファー(振付家)などの同業の業界人から大変高い評価を得ています。

  • KREVA「あんだけ歌って踊れるやつは世界でもそんなにいない」「歌が上手いと言っても、色々な上手いがあると思うが、その中のどれかでは確実に最高と呼べるレベルにいる」「ライブをクリエイトする力がすごい」
  • 藤井フミヤ「久しぶりにスーパースターの予感がする」
  • 宇多丸(RHYMESTER)「世界レベルのスキルで歌って踊れて、曲も作れて……なんて話が、大知基準ではもはや当たり前のことにさえ思えてくるから怖い」「ただでさえ天才なのに、頭も性格も良くてそのうえ努力し続けちゃってんだもんなー!」「日本人では珍しいタイプの360°隙なしエンターテイナー」
  • 坂見誠二「大知は天才だね」「あったまくるね」
  • 橘慶太(w-inds.)「彼は歌って踊る日本のアーティストの中では間違いなく1番です。彼のパフォーマンスは世界レベルです。天才のうえに努力を怠らない。素晴らしいアーティストです。もうズルいくらいです。笑」
  • 日高光啓(AAA)「日本で一番踊れて、歌える男といえば。「三浦大知」以外の答えを僕は持たない。最近は、踊って歌える人も増えたけれど。歌もダンスもこの完成度で、なおかつフレッシュで熱いバイブスが身体中をまとっていて。洋邦問わず色んな音楽を聴いても、歴史を遡っても、こんなアーティストはそうはいない!」

引用元:三浦大知Wikipedia

あふれる才能をお持ちの同業者の方々が三浦大知を激賞していることからも、彼の才能のすごさが感じられますね。

 

<スポンサーリンク>

 

彼のパフォーマンスを支えるもの

三浦大知のハイレベルなパフォーマンスは、彼が経てきた苦労はもちろんのこと、彼が音楽を始めるきっかけとなったマイケル・ジャクソンに対する想いによっても支えられています。

マイケル・ジャクソンにリスペクトの念を感じている彼は、マイケルのように何をやってもオリジナリティの感じられる存在になりたいと思っているそうです。

マイケル・ジャクソンといえばいわずとしれた世界随一のスーパーエンターテイナー。

三浦大知もスーパーエンターテイナーとして世界に羽ばたく姿をぜひ見せてほしいですね!!

 

嫁・あゆみさんの存在

三浦大知さんは2015年1月1日27才の時、一般女性と結婚しています。お嫁さんの名前はあゆみさんといい、社長令嬢だそうです。

穏やかな性格だそうで、彼女の存在が三浦大知の活躍を陰で支えていることは間違いありませんね!

2016年12月9日には男の子を授かっており、家庭が円満であることが彼のパワーの源にもなっているのかもしれません。

 

おわりに

2018年3月にベストアルバム『BEST』の発売も予定され、勢いの止まらない三浦大知。

長年の努力が実を結んだ彼のパフォーマンスは、見ている方も幸せにしてくれます。

これからも彼の活躍に注目しましょう!

 

<スポンサーリンク>