子供の人気メニューレシピを公開!簡単でも大満足なうどんアレンジ

年末年始、やることいっぱいで忙しい~!

そんなママさん、多いですよね!きっと。

 

元々がズボラな私は、忙しくなるとお料理がおろそかになりがちです。

イチから野菜を切って、お肉をいためて、ご飯を炊いてお味噌汁をよそって・・・

そして洗い物までしていたら、いくら時間があっても足りません!!

 

でも、家族には栄養のある、あたたかくておいしいものを食べてもらいたい

しかも、子供も大人も満足感のあるメニューがいいな。

とも思っています。

 

そんな私が、忙しい時期にかなりの頻度で作っている、

ズボラ主婦でもササっと作れるお役立ちレシピをご紹介しますね!

「面倒だから外食しようか…」という事も防げるので、節約にもなりますよ!

 

家にあるもので、焼きうどん

忙しいときのお助けメニューとして普通のうどんを作る方は多いと思います。

 

麺をゆでて、めんつゆをかけて・・・と一見お手軽に見えますが

私にとっては、ネギを切るのもちょっと面倒だし、何より子供があまり喜びません

 

あっさりしすぎなのかもしれません・・・旦那はよろこびますけどね。

 

そこで我が家でよく登場するのが、焼きうどんです。

 

冷凍食品を駆使して簡単に

焼きうどんは専用のタレなんかが必要じゃないの?

 

と思ってしまいがちですが、そんなことはありませんよ!

家にあるもので簡単に作れます。

 

用意するものは

  • 冷凍うどん
  • 冷凍やさい(ほうれんそうなど)
  • 冷凍肉
  • かつおぶし ※めんつゆで代用可
  • しょうゆ ※めんつゆで代用可

以上です!

油としょうゆと水は材料というよりは調味料なので、

実質材料として用意するものはうどん、やさい、肉、かつおぶしの4つだけです。

※めんつゆがあれば、めんつゆの中にはかつおぶしの旨味成分やしょうゆ成分も入っているはずなので、かつおぶしすらも要りません。

これくらいなら、お家に常備してあるというお宅も多いのではないでしょうか?

 

 やさいとお肉は冷凍して常備しておくと便利

材料のなかで冷凍やさいと冷凍肉がありますが、

この2つは常備しておくと、焼うどん以外にも色々と使えて便利です。

 

冷凍やさいは、スーパーで青菜を買ってきて、自分で茹でて冷凍してもよいです。

我が家では、生協の冷凍ほうれんそうを買っています。

 

冷凍肉も、生協などでパラパラミンチやバラ肉の冷凍したものが売っています。

我が家では、スーパーで大量にバラ肉を買ってきて、一回のお料理に使うくらいの分をラップで包んで小分け冷凍しています。

 

使うときには小分けのものを解凍して使えばよいので、いちいち買いにいく必要がありません。

とても便利で、オススメですよ!

 

 

作り方をご紹介

焼うどんの作り方は以下のとおりです。

細かい分量は我が家でもはかっていないので、味付けの好みやかつおぶしの量の好みなどに合わせて作ってみて下さい。

  1. 冷凍肉と冷凍うどんを解凍します。
  2. フライパンやホットプレートに油を敷き、お肉を炒めます。
  3. 冷凍やさいをいれて炒め合わせます。
  4. だいたい火が通ったら、上にうどんをのせます。
  5. うどんの上にかつおぶしをのせます。 ※めんつゆを使う時は省略します
  6. 上から、水を回しかけ、フタをして蒸し煮にします。
  7. 水が減って全体が温まったら、上から醤油を回しかけます。※めんつゆを使う時はこのタイミングでかけます
  8. 火を止め、全体を混ぜ合わせます。味の調整をして、完成!!

油のコクとかつおぶしのうまみがあるので、子供でも大満足の一品ができあがります。

 

さいごに

いかがでしたか?

ハンバーグやカレー、焼き魚といったポピュラーなメニューは良く知っていても、意外と焼うどんのようなあまり見かけないメニューは作り方を知らないことも多いものです。

でも、作ってみるとすごく簡単で、子供も喜んでくれる場合があります!

ぜひ、忙しい時のメニューに加えてみてくださいね!